Home » 研究活動紹介 » Mass Media マスコミ掲載 » 原麻里子氏の『人種とスポーツ』書評

Mass Media マスコミ掲載

原麻里子氏の『人種とスポーツ』書評

今年はロンドン・オリンピック。普段はスポーツをテレビで鑑賞しない人も、オリンピックは別とスポーツ鑑賞される人も多いかもしれません。
日本では、ナイーブにも黒人の身体能力が優れいているから、これだけの素晴しいプレーが出来るという言説がマスコミに溢れていると思いませんか?
また、日本人はそうした言説、ステレオタイプを無批判に受容してしまう人が多いようです。

私は文化人類学の時間に、ある人種はある種の能力が優れているという言説・思い込みは創られたものであると講義しています。
人種そのものが創られた概念なのですが、ある人種が優れている能力を持つと言われても、多くの場合は、創られたものであり、
また、そういう言説が広まるにつれ、人々はその「神話」に合わせようとする傾向があるのです。
この本は、その講義の副読本に学生に薦めようと思っています。


 この本によりますと、「オリンピックの陸上男子100m決勝で、スタートラインに立った選手56人は、ここ30年すべて黒人」だそうです。
しかし、かつて 、彼らはスポーツには「劣った人種」であるとされ、記録からは遠いところにいました。
でも、今は、黒人の身体能力はスポーツに秀でているという言説が蔓延していますが、それは何故なのでしょうか?
アメリカにおいて黒人の職業選択の余地が狭く、他の職業では成功しにくかったことにも起因しています。

 また、陸上競技における世界レベルのアスリートはケニア人が多いのだそうですが、その中でも、長距離走は内陸部のナンディの人たちが多いということです。
そうしたアスリーーとには、小学校へ10キロメートル以上の距離を走行で通った人が多いということです。
別の理由も述べられていますが、それは本を読んでのお楽しみ。

 あるスポーツが秀でるようになるには、政治的・経済的・社会的・文化的要因も大きく占めています。

2002 FIFAワールドカップ(日韓ワールドカップ)の際、日本のメディアは無邪気にも「人種」や「民族」の身体能力について語っていました。
その後のマスコミ学会では、そのスポーツ中継の言葉をすべて洗い出し、コンピュータで分析をしたものを発表している研究者がいました。
あの時のスポーツ報道を見て、私はおかしいと思っていましたが、きちんと、それを分析していた研究者がいらしたのですね。

この 「人種とスポーツ~黒人は本当に「速く」「強い」のか」 (川島浩平著 中央公論新社 2012年)を、
今回のロンドン・オリンピック報道に携わる人すべてに読んで欲しいなと思いますし、
皆さんにも、読んで欲しい本です。
一歩先のスポーツ報道を目指すためにも、スポーツ中継を楽しむためにも。

 尚、6月13日(水)午後9時から麹町ワールドスタジオ「原麻里子のグローバルビレッジ」では、近代スポーツ発祥の地イギリスとイギリス連邦のスポーツをお伝えします。
ゲストは株式会社ケン・マネジメント代表取締役佐藤けんいちさんと、フリーアナウンサー・研修講師の岡本るみ子さんです。


研究活動紹介
研究活動紹介
wrigings 執筆
Adacemi Journ Article 論文
coauhtor 共著
academic journal article 論文
academic journal article 論文
academic journal article 論文
academic journal article 論文
academic journal article 論文
academic journal article 論文
academic journal article 論文
book 著書
Essay 随筆
佐賀新聞にロンドン五輪に関する「識者評論」が掲載されました
academic journal aritcle 論文
symposiums and conferences シンポジウム・学会
Presentation 発表
Participation 参加
Presentation 発表
Presentation 発表
Presentation 発表
Presentation 発表
Participation 参加
Presentation 発表
participation 参加
Presentation 発表
Presentation 発表
Moderator 司会
Moderator 司会
Presentation 発表
Presentation 発表
Presentation 発表
Presentation 発表
Presentation 発表
Presentation 発表
leading moderator 総合司会
presentation 発表
Presentation 発表
Presentation 発表
Presentation 発表
Presentation 発表
Moderator 司会
Presentation 発表
lectures 講演
Guest Lecture 招待授業
Special Lecture 特別講演
Guest Lecture 招待講演
Guest Lecture 招待講演
guest lecture 招待授業
guest lecture 招待授業
research visits 調査
Visit as a Visiting Scholar 客員研究員としての招聘
Research at archives アーカイブスでの資料講読
Reading at archives, interviews with scholars アーカイブズでの資料講読、研究者との情報交換
research at arichives アーカイブズでの資料講読
research at archives, interviews with scholars アーカイブズでの資料講読、研究者との情報交換
Research at Archives at the University of California, Berkeley
Research Preparation 調査のための準備訪問
Research Preparation 調査のための準備訪問
visits for exchange and/or inspection 視察・訪問
visit for partnership 海外視察
visit to partner institution 協定校訪問
visit for partnership 海外視察
visit to partner institution 協定校訪問
visit to partner institution 協定校訪問
visit to partner institution 協定校訪問
Visit to National Chengchi University, Taiwan 台湾 国立政治大学
visit to National Taipei University, Taiwan 台湾 国立台北大学
visit to National Normal University, Taiwan 台湾 国立師範大学
Visit to Partner Institution 協定校訪問
Visit to Partner Institution 協定校訪問
PR 広報
PR Activities in Musashi 学内広報誌
Newspaper 新聞
Website ウェブサイト
Mass Media マスコミ掲載
Newspaper Review Article 新聞書評
Interview インタビュー
Guest in a Radio Program ラジオ出演
Guest in a TV program テレビ出演
Appearance in a mass media journal 雑誌掲載
Interview on Newspaper インタビュー記事
原麻里子氏の『人種とスポーツ』書評
橋本大也氏の『人種とスポーツ』書評
玉木正之氏ブログでの言及
阿部珠樹氏による書評
東京新聞に『人種とスポーツ』の書評が掲載
ウェブマガジンン『風』で紹介
『週刊東洋経済』に短評が掲載されました
日経新聞(夕刊)に短評が掲載されました
NHK「視点・論点」に出演しました
北海道新聞(7月8日)「訪問」で紹介されました
日経新聞7月8日朝刊に書評がでました
読売新聞7月16日(月)「記者の一冊」で紹介されました
Yomiuri Onlineで紹介されました
図書新聞に書評が掲載されました
読売新聞(7月23日夕刊)で紹介されました
福井新聞オンラインで紹介されました
エキサイトレビューで紹介されました
月刊トレーニングジャーナル2012年12月10日号で紹介されました
麻酔科情報誌で紹介されました
Courses at Musashi 授業
Lecture at Musashi University 2011 Introduction to American Society 武蔵大学2011年度講義 英米の社会
Seminar in American history at Musashi University 2011 武蔵大学2011年度授業 アメリカ史演習

ページトップへ
http://researchers.waseda.jp/profile/ja.5c187cb14932dacbbcd5aeb6bfca02d9.html