Home » 研究活動紹介 » symposiums and conferences シンポジウム・学会 » Moderator 司会

symposiums and conferences シンポジウム・学会

Moderator 司会

趣旨説明

去る4月、武蔵大学、武蔵高等学校中学校と米国フィラデルフィアに本校を置くテンプル大学ジャパンキャンパス(TUJ)は、教育・学術上の連携に関する基本協定を締結しました。このたび協定締結記念イベントとして、両校によるシンポジウムを10月21日(水)に開催いたします。
 
「学士力」という新語が生まれ、大学教育の質を問う議論が高まるなか、改めて「教養教育」の意義が問われています。「リベラルアーツ」の訳とされていますが、欧米における「リベラルアーツ教育」とはどのようなものなのか。リベラルとは?アーツとは?いま日本に必要な「教養」とは?そして日米は教育分野でどのように連携できるのか?こうしたテーマについて、日米の教育システムを知り尽くした有馬・武蔵学園長とストロナク・TUJ学長による基調講演のほか、武蔵・TUJ両校の教授陣によるパネルディスカッションを行います。
 
今回のシンポジウムは、会場の都合上、また両校の教職員間の親睦交流が主目的となることから、一般参加者の募集はいたしませんが、その内容は専門家のみならず、教育に関心のあるすべての方に興味をお持ちいただけるものと思います。つきましては、貴紙にてぜひご紹介いただきたく、当日の取材をご検討くださいますようお願いいたします。

武蔵大学、武蔵高等学校中学校・テンプル大学ジャパンキャンパス(TUJ)
連携協定締結記念シンポジウム 「日米リベラル・アーツ教育考 ~ いま『教養教育』の意義を問う」
 
【日時】 2009年10月21日(水)16:30~19:00
【会場】 武蔵大学 8702教室
【言語】 日本語および英語(同時通訳あり)
【主な対象】 武蔵、テンプル両校の教職員および在校生等、両校の関係者
 
16:30~17:20 基調講演
1.「教養教育の再構築と日米教育連携の可能性」
武蔵学園長(元文部大臣、元東京大学長、物理学者) 有馬朗人
2.「<講演タイトル>●●●●●●●●●●●●●●●●●」
テンプル大学ジャパンキャンパス学長(元横浜市立大学長、元ベッカー大学長代行) ブルース・ストロナク
 
17:30~19:00 パネル・ディスカッション 
「武蔵とTUJ ~ リベラルアーツ教育を重視する両校連携をどのように発展させるか」
川島浩平 武蔵大学人文学部教授(司会、アメリカ研究)
東郷賢 武蔵大学経済学部教授(開発経済学、国際経済学)
アンジェロ・イシ 武蔵大学社会学部准教授(移民研究、エスニシティ、ジャーナリズム、メディア論)
山﨑元男 武蔵高等学校中学校校長
フィル・ディーンズ TUJ教授(アカデミックプログラム担当副学長、国際関係学、アジア研究)
水沼恵美子 TUJアカデミック・イングリッシュ・プログラム・ディレクター
●●●● TUJ教授(     )
 
このあと、懇親会を行います(19:00~20:30 武蔵大学8号館8階50周年記念ホールにて)。
この時間中、講演者・出演者に対する個別取材もお受けいたします。ご希望の場合はどうぞお知らせください。
 
【お問合わせ・取材のお申込み】
武蔵大学、武蔵高等学校中学校 総務部  長(ちょう) 03-5984-3712 gaf@sec.musashi.ac.jp
テンプル大学ジャパンキャンパス広報部  中川 03-5441-9801 pr@tuj.ac.jp
 
 
【ご参考】
 
① 武蔵・TUJ連携協定の主要な目的
  • 日本人学生・生徒が国際化時代に対応できる本格的な英語力とアカデミックスキルを身につける教育システムを実現
  • 外国人学生が英語および日本語で日本について深く広く学ぶ場を創出する
具体的には、三者の教員による共同研究、その成果を社会に還元するための学術講演会・文化的イベントなどの開催、図書館などの相互利用のほか、将来のダブルディグリー制度導入も視野に入れ、大学学部課程における単位互換のための環境整備も検討中です。
 
② 武蔵大学、武蔵高等学校中学校についてwww.musashi.ac.jp   www.musashi.ed.jp
武蔵大学、武蔵高等学校中学校の前身は明治、大正、昭和にわたり、財界で活躍した根津嘉一郎(初代)が1922年(大正11年)に創設した、わが国初の旧制七年制の武蔵高等学校です。「人間形成を根幹に、明日の新しい日本を担う、優れた人材を育てる」という壮大な理想を掲げた武蔵は、その後、1949年(昭和24年)の学制改革に際し、経済学部のみの単科大学として武蔵大学を開学、現在では3学部8学科の総合大学と中高6年一貫教育の武蔵高等学校中学校を擁する学園となっています。「自調自考」、「東西文化の融合」、「海外雄飛」を建学の三理想として掲げた旧制武蔵高等学校以来の伝統に基づき、自ら調べ自ら考え、世界と対話しつつ行動することのできる人材の育成を目標として、国際交流にも積極的に取り組んでいます。
 
③ テンプル大学ジャパンキャンパス(TUJ)について www.tuj.ac.jp
1982年に米国ペンシルベニア州立テンプル大学の国際キャンパスのひとつとして東京に設立。国内で最も古い歴史と最大の規模を持つ外国大学で、幅広いニーズに対応した国際教育を展開、2005年に文部科学省より「外国大学日本校」第1号として指定を受けました。すべての授業は英語で行われ、米国本校と同じカリキュラムにのっとり、本校と同じ単位や学位を提供しています。学位も米国本校から授与されます。大学学部課程では2人に1人が外国人学生、教授も7割が外国人。学部課程、大学院課程(教育学英語教授法修士・博士課程、ロースクール、MBAプログラム)および学位取得を目的としないアカデミック・イングリッシュ・プログラム、生涯教育プログラムを合わせ、世界60カ国以上から2200人余りの学生が学んでいます。 

研究活動紹介
研究活動紹介
wrigings 執筆
Adacemi Journ Article 論文
coauhtor 共著
academic journal article 論文
academic journal article 論文
academic journal article 論文
academic journal article 論文
academic journal article 論文
academic journal article 論文
academic journal article 論文
book 著書
Essay 随筆
佐賀新聞にロンドン五輪に関する「識者評論」が掲載されました
academic journal aritcle 論文
symposiums and conferences シンポジウム・学会
Presentation 発表
Participation 参加
Presentation 発表
Presentation 発表
Presentation 発表
Presentation 発表
Participation 参加
Presentation 発表
participation 参加
Presentation 発表
Presentation 発表
Moderator 司会
Moderator 司会
Presentation 発表
Presentation 発表
Presentation 発表
Presentation 発表
Presentation 発表
Presentation 発表
leading moderator 総合司会
presentation 発表
Presentation 発表
Presentation 発表
Presentation 発表
Presentation 発表
Moderator 司会
Presentation 発表
lectures 講演
Guest Lecture 招待授業
Special Lecture 特別講演
Guest Lecture 招待講演
Guest Lecture 招待講演
guest lecture 招待授業
guest lecture 招待授業
research visits 調査
Visit as a Visiting Scholar 客員研究員としての招聘
Research at archives アーカイブスでの資料講読
Reading at archives, interviews with scholars アーカイブズでの資料講読、研究者との情報交換
research at arichives アーカイブズでの資料講読
research at archives, interviews with scholars アーカイブズでの資料講読、研究者との情報交換
Research at Archives at the University of California, Berkeley
Research Preparation 調査のための準備訪問
Research Preparation 調査のための準備訪問
visits for exchange and/or inspection 視察・訪問
visit for partnership 海外視察
visit to partner institution 協定校訪問
visit for partnership 海外視察
visit to partner institution 協定校訪問
visit to partner institution 協定校訪問
visit to partner institution 協定校訪問
Visit to National Chengchi University, Taiwan 台湾 国立政治大学
visit to National Taipei University, Taiwan 台湾 国立台北大学
visit to National Normal University, Taiwan 台湾 国立師範大学
Visit to Partner Institution 協定校訪問
Visit to Partner Institution 協定校訪問
PR 広報
PR Activities in Musashi 学内広報誌
Newspaper 新聞
Website ウェブサイト
Mass Media マスコミ掲載
Newspaper Review Article 新聞書評
Interview インタビュー
Guest in a Radio Program ラジオ出演
Guest in a TV program テレビ出演
Appearance in a mass media journal 雑誌掲載
Interview on Newspaper インタビュー記事
原麻里子氏の『人種とスポーツ』書評
橋本大也氏の『人種とスポーツ』書評
玉木正之氏ブログでの言及
阿部珠樹氏による書評
東京新聞に『人種とスポーツ』の書評が掲載
ウェブマガジンン『風』で紹介
『週刊東洋経済』に短評が掲載されました
日経新聞(夕刊)に短評が掲載されました
NHK「視点・論点」に出演しました
北海道新聞(7月8日)「訪問」で紹介されました
日経新聞7月8日朝刊に書評がでました
読売新聞7月16日(月)「記者の一冊」で紹介されました
Yomiuri Onlineで紹介されました
図書新聞に書評が掲載されました
読売新聞(7月23日夕刊)で紹介されました
福井新聞オンラインで紹介されました
エキサイトレビューで紹介されました
月刊トレーニングジャーナル2012年12月10日号で紹介されました
麻酔科情報誌で紹介されました
Courses at Musashi 授業
Lecture at Musashi University 2011 Introduction to American Society 武蔵大学2011年度講義 英米の社会
Seminar in American history at Musashi University 2011 武蔵大学2011年度授業 アメリカ史演習

ページトップへ
http://researchers.waseda.jp/profile/ja.5c187cb14932dacbbcd5aeb6bfca02d9.html