Home » 研究活動紹介 » PR 広報 » Newspaper 新聞

PR 広報

Newspaper 新聞

スタンフォード大学、マサチュ
ーセッツ工科大学……。アメリ
カには世界中に名をとどろかせる
実績ある大学が多い。一方、小中
学校では落ちこぼれ問題が深刻
だ。アメリカの教育制度は、高等
教育と初等教育の対照性(両極端
である点)に特徴があるといえる。
 「アメリカンスポーツと人種」
の研究で名高い川島浩平先生だ
が、ゼミではあえてアメリカの
教育制度にテーマ設定した。
 「5年ほど前、私自身が9歳、
5歳、0歳の子どもを連れて研究
留学した経験者であり、同じ大学
生としてアメリカの大学教育に
興味を持つ学生が多いためです」
 ゼミでは前期に初等教育、後
期に高等教育を取り上げる。
 アメリカの初等教育のよい点
について、川島先生は、「少人数
ですし、教育内容は地域の実情
に合ったもの。カリキュラムの
自由度が高いから、力量のある
先生はどんどん面白い授業を工
夫し、子どもの発想力を鍛え、自
立心を伸ばしていく」と話す。
 一方、悪い点は税金に頼る公
教育ゆえ、自治体の財政事情に
大きく左右されること。貧困者
が多い街は税収不足で、質・量と
もに公教育の貧しさを招き、落
ちこぼれを生んでしまうという。
 この悪循環を改めようと、
2002年、NCLB(No Child
Left Behind /落ちこぼれ防止)
法が制定された。「州の自治を
重んじ、教育予算が地方税でま
かなわれるアメリカにあって、
連邦レベルの法律制定は画期的
なこと」と川島先生は言う。
 ゼミでは、子連れでアメリカ
滞在した日本人の駐在員や研究
者らの体験記を読み、さらにア
メリカ発のネットの放送を視聴
して内容を和訳し、討論へと進
む。さらにゼミ活動と平行し、
NCLB法について英語で書か
れたサイトの和訳にも挑戦する。
 一方、高等教育が高い質を保
っている点については、世界中
からの優秀な留学生の受け入
れ、豊かな財政基盤と充実した
奨学金制度、〝世界語〞たる英語
が共通語である点などが挙げら
れる。もちろん、発想力を磨き
自立心を伸ばす初等教育の影響
もあろう。
 「NCLB法の下では、毎年、
テストがあり、10年かけて一定
ラインを下回る生徒をゼロにす
る理念がうたわれています」。成
現代アメリカ教育の
良い点・悪い点を考察
果は一進一退だったが、オバマ政
権で各種施策にテコ入れされ、
今後の動向が注目される。
 「学生に期待したいのは、自主
的に調べ、考えることです。と
はいえ放任しませんから、安心
を。まだ眠っているが、潜在的
な意欲がある人に挑戦してほし
いですね」。こう


研究活動紹介
研究活動紹介
wrigings 執筆
Adacemi Journ Article 論文
coauhtor 共著
academic journal article 論文
academic journal article 論文
academic journal article 論文
academic journal article 論文
academic journal article 論文
academic journal article 論文
academic journal article 論文
book 著書
Essay 随筆
佐賀新聞にロンドン五輪に関する「識者評論」が掲載されました
academic journal aritcle 論文
symposiums and conferences シンポジウム・学会
Presentation 発表
Participation 参加
Presentation 発表
Presentation 発表
Presentation 発表
Presentation 発表
Participation 参加
Presentation 発表
participation 参加
Presentation 発表
Presentation 発表
Moderator 司会
Moderator 司会
Presentation 発表
Presentation 発表
Presentation 発表
Presentation 発表
Presentation 発表
Presentation 発表
leading moderator 総合司会
presentation 発表
Presentation 発表
Presentation 発表
Presentation 発表
Presentation 発表
Moderator 司会
Presentation 発表
lectures 講演
Guest Lecture 招待授業
Special Lecture 特別講演
Guest Lecture 招待講演
Guest Lecture 招待講演
guest lecture 招待授業
guest lecture 招待授業
research visits 調査
Visit as a Visiting Scholar 客員研究員としての招聘
Research at archives アーカイブスでの資料講読
Reading at archives, interviews with scholars アーカイブズでの資料講読、研究者との情報交換
research at arichives アーカイブズでの資料講読
research at archives, interviews with scholars アーカイブズでの資料講読、研究者との情報交換
Research at Archives at the University of California, Berkeley
Research Preparation 調査のための準備訪問
Research Preparation 調査のための準備訪問
visits for exchange and/or inspection 視察・訪問
visit for partnership 海外視察
visit to partner institution 協定校訪問
visit for partnership 海外視察
visit to partner institution 協定校訪問
visit to partner institution 協定校訪問
visit to partner institution 協定校訪問
Visit to National Chengchi University, Taiwan 台湾 国立政治大学
visit to National Taipei University, Taiwan 台湾 国立台北大学
visit to National Normal University, Taiwan 台湾 国立師範大学
Visit to Partner Institution 協定校訪問
Visit to Partner Institution 協定校訪問
PR 広報
PR Activities in Musashi 学内広報誌
Newspaper 新聞
Website ウェブサイト
Mass Media マスコミ掲載
Newspaper Review Article 新聞書評
Interview インタビュー
Guest in a Radio Program ラジオ出演
Guest in a TV program テレビ出演
Appearance in a mass media journal 雑誌掲載
Interview on Newspaper インタビュー記事
原麻里子氏の『人種とスポーツ』書評
橋本大也氏の『人種とスポーツ』書評
玉木正之氏ブログでの言及
阿部珠樹氏による書評
東京新聞に『人種とスポーツ』の書評が掲載
ウェブマガジンン『風』で紹介
『週刊東洋経済』に短評が掲載されました
日経新聞(夕刊)に短評が掲載されました
NHK「視点・論点」に出演しました
北海道新聞(7月8日)「訪問」で紹介されました
日経新聞7月8日朝刊に書評がでました
読売新聞7月16日(月)「記者の一冊」で紹介されました
Yomiuri Onlineで紹介されました
図書新聞に書評が掲載されました
読売新聞(7月23日夕刊)で紹介されました
福井新聞オンラインで紹介されました
エキサイトレビューで紹介されました
月刊トレーニングジャーナル2012年12月10日号で紹介されました
麻酔科情報誌で紹介されました
Courses at Musashi 授業
Lecture at Musashi University 2011 Introduction to American Society 武蔵大学2011年度講義 英米の社会
Seminar in American history at Musashi University 2011 武蔵大学2011年度授業 アメリカ史演習

ページトップへ
http://researchers.waseda.jp/profile/ja.5c187cb14932dacbbcd5aeb6bfca02d9.html