Home » 研究活動紹介 » lectures 講演 » Special Lecture 特別講演

lectures 講演

Special Lecture 特別講演

ニューヨーク市ブロードウェイ街の雑踏に身をおいた観光客ならだれでも、肌の色合い、鼻の高低、瞳の大小、毛質の硬軟、身躯の巨細、手足の長短など、行き交う人々の容貌や体型が示す多様性に心を奪われるのではないか。観光客は、行き交う人々を一定の基準で特徴づけ、分類することの困難さを痛感するにちがいない。しかし人類という複雑な生命・文化現象を理解する際に、私たちが用いてきた分類はあまりにも単純である。
ここにおもしろい統計がある。「人類はいくつの人種に区分できるか」という問いに対して、アメリカの学生は「一つ」から「無数」までいろいろな返答をするのに比べ、日本の大学生の過半数は「三つ」と答えるのである。後者の回答は、「白人」、「黒人」、「黄色人種」からなる三つの「人種」区分を教義のように伝えてきたわたしたちの教育の現実を反映している。だがこの区分は、帝国主義の全盛期に、ヨハン・ブルーメンバッハからジョセフ・ゴビノーに至る理論家たちが西洋を中心とする世界観に基づいて発達させた、自分勝手で差別的な枠組なのである。
この分類を明に暗に補強してきたものが、人種と運動能力との関係性を論じる諸説である。これらの説は、五輪大会やW杯のような世界全国の注目が集まるアスリートの祭典があるたびに、競技結果に関する強引な一般化を試みてきた。曰く、「陸上に強い黒人」、「泳力に長ける白人」、そして「柔軟で小柄な身体と器用さを生かして体操や卓球で傑出するアジア人」を見よと。こうした主張は、一つの人種を特定の運動種目で優越させる先天的な要因を想定し、環境や文化による影響では超えられない生物学的な人種的境界の存在を示唆してきたのである。
では、人種的運動能力の先天説にはどれほど正当な根拠があるのか。本報告では、次の二つの角度から、この問いに対する答えを模索したい。まず、三人種区分と相補的な関係のなかで発達した人種的運動能力諸説を取り上げ、オリンピック競技への注目などに促されて積極的・消極的な支持を獲得し、あるいは批判されてきた様子を概観する。次にアメリカにおけるサッカーの歴史を振り返り、スポーツと愛好者集団との関係が文化的に構築され、変化してきたプロセスを検証する。これらの作業を通して本報告が、「スポーツと人種」という主題について注意を喚起し、さらなる考察を促すための機会となれば幸いである。


研究活動紹介
研究活動紹介
wrigings 執筆
Adacemi Journ Article 論文
coauhtor 共著
academic journal article 論文
academic journal article 論文
academic journal article 論文
academic journal article 論文
academic journal article 論文
academic journal article 論文
academic journal article 論文
book 著書
Essay 随筆
佐賀新聞にロンドン五輪に関する「識者評論」が掲載されました
academic journal aritcle 論文
symposiums and conferences シンポジウム・学会
Presentation 発表
Participation 参加
Presentation 発表
Presentation 発表
Presentation 発表
Presentation 発表
Participation 参加
Presentation 発表
participation 参加
Presentation 発表
Presentation 発表
Moderator 司会
Moderator 司会
Presentation 発表
Presentation 発表
Presentation 発表
Presentation 発表
Presentation 発表
Presentation 発表
leading moderator 総合司会
presentation 発表
Presentation 発表
Presentation 発表
Presentation 発表
Presentation 発表
Moderator 司会
Presentation 発表
lectures 講演
Guest Lecture 招待授業
Special Lecture 特別講演
Guest Lecture 招待講演
Guest Lecture 招待講演
guest lecture 招待授業
guest lecture 招待授業
research visits 調査
Visit as a Visiting Scholar 客員研究員としての招聘
Research at archives アーカイブスでの資料講読
Reading at archives, interviews with scholars アーカイブズでの資料講読、研究者との情報交換
research at arichives アーカイブズでの資料講読
research at archives, interviews with scholars アーカイブズでの資料講読、研究者との情報交換
Research at Archives at the University of California, Berkeley
Research Preparation 調査のための準備訪問
Research Preparation 調査のための準備訪問
visits for exchange and/or inspection 視察・訪問
visit for partnership 海外視察
visit to partner institution 協定校訪問
visit for partnership 海外視察
visit to partner institution 協定校訪問
visit to partner institution 協定校訪問
visit to partner institution 協定校訪問
Visit to National Chengchi University, Taiwan 台湾 国立政治大学
visit to National Taipei University, Taiwan 台湾 国立台北大学
visit to National Normal University, Taiwan 台湾 国立師範大学
Visit to Partner Institution 協定校訪問
Visit to Partner Institution 協定校訪問
PR 広報
PR Activities in Musashi 学内広報誌
Newspaper 新聞
Website ウェブサイト
Mass Media マスコミ掲載
Newspaper Review Article 新聞書評
Interview インタビュー
Guest in a Radio Program ラジオ出演
Guest in a TV program テレビ出演
Appearance in a mass media journal 雑誌掲載
Interview on Newspaper インタビュー記事
原麻里子氏の『人種とスポーツ』書評
橋本大也氏の『人種とスポーツ』書評
玉木正之氏ブログでの言及
阿部珠樹氏による書評
東京新聞に『人種とスポーツ』の書評が掲載
ウェブマガジンン『風』で紹介
『週刊東洋経済』に短評が掲載されました
日経新聞(夕刊)に短評が掲載されました
NHK「視点・論点」に出演しました
北海道新聞(7月8日)「訪問」で紹介されました
日経新聞7月8日朝刊に書評がでました
読売新聞7月16日(月)「記者の一冊」で紹介されました
Yomiuri Onlineで紹介されました
図書新聞に書評が掲載されました
読売新聞(7月23日夕刊)で紹介されました
福井新聞オンラインで紹介されました
エキサイトレビューで紹介されました
月刊トレーニングジャーナル2012年12月10日号で紹介されました
麻酔科情報誌で紹介されました
Courses at Musashi 授業
Lecture at Musashi University 2011 Introduction to American Society 武蔵大学2011年度講義 英米の社会
Seminar in American history at Musashi University 2011 武蔵大学2011年度授業 アメリカ史演習

ページトップへ
http://researchers.waseda.jp/profile/ja.5c187cb14932dacbbcd5aeb6bfca02d9.html