Home » 研究活動紹介 » wrigings 執筆 » Adacemi Journ Article 論文

wrigings 執筆

Adacemi Journ Article 論文

『ダーウィンズ・アスリーツ』のその後10年--アメリカにおける人種とスポーツの間 (特集:人種の多様性とスポーツ)
スポーツ社会学研究 16, 5-20, 2008 日本スポーツ社会学会

要約

ジョン・ホバマン著『ダーウィンズ・アスリーツ』が1997年に出版され、アメリカ合衆国の言論界で人種とスポーツをめぐる論争を引き起こしてから、はや10年が経過した。本書は、学術誌や一般誌の書評欄で取り上げられたり、テレビやラジオの番組で紹介されたりして、様々な階層の人々の注意を喚起し、少なからぬ賛同者を得た。しかし学界では、厳しい批判にもさらされた。本論では、本書の意義を考察し、批判に反論するかたちでの再評価を試みたい。第一節は、ホバマンの主張を、特にアメリカ社会で強い反響を呼んだものに焦点を絞りつつ振り返る。第二節は、本書に対する批判の内容を明らかにする。国外、そして国内のアフリカ系、非アフリカ系研究者など、学界の各方面から提起された批判のうち、ジェフリー・サモンズ、ベン・キャリントン/イアン・マクドナルド、ダグラス・ハートマンによるものを紹介する。第三節は、出版後の10年間におけるアメリカスポーツをめぐる動向のうち、人種・エスニシティ的な観点からみて注目すべきものを拾い上げて解説する。ハリー・エドワーズによる黒人スポーツの「黄金時代」が終焉を迎えるかもしれないという危機の予告、ステレオタイプを超越するかに見えるアメリカスポーツ界の動向、『プライド』、『グローリー・ロード』、『コーチ・カーター』などハリウッド映画における黒人アスリート表象、NBA(全米バスケットボール協会)による『ワン・アンド・ダン』改革などへの言及がなされる。以上の作業に基づいて、最後に本書に対する再評価を試みる。『ダーウィンズ・アスリーツ』に特徴的な因果関係を双方向的に捉える視点は、時宜にかなった、きわめて正確かつ適切なものとみるべきである。この点だけに鑑みても、本書が、人種社会アメリカにおけるスポーツの現在と未来を考察するための、確かな基盤を提供するものであることは明らかである。

要約(英文)

Re-examining John Hoberman’s Analysis in Darwin’s Athletes
of the Relationships between Race and Sports in American Culture
 
Summary
 
Kohei Kawashima
 
It has been ten years since the publication in 1997 of John Hoberman’s Darwin’s Athletes caused heated controversies among American readers. This book was reviewed in many academic and general journals, discussed in symposiums at institutions of higher education, and introduced by radio and TV programs. Although the book has won much acclaim among general readers, it has also been severely criticized by scholars, especially in the disciplines of history and sociology. The first section summarizes Hoberman’s arguments on sports fixation, to which most of the criticisms by these scholars were directed. The second section clarifies the main points of criticism, drawing on the reviews by historian Jeffrey T. Sammons, and sociologists Ben Carrington/Ian McDonald and Douglass Hartmann. The third section outlines the changes that the American sport world has undergone during the decade since the book’s publication, focusing on Harry Edwards’ prediction regarding the end of “the golden age of black sports participation,” the trends in American sports that seem to have challenged or transcended racial and athletic stereotypes, representations of African American athleticism in such Hollywood movies as Friday Night Lights and Coach Carter, and the NBA’s so-called “One and Done” scheme, which requires high-school basketball player graduates to wait a year before entering the NBA draft. Based on the analyses of these examples, this article attempts to re-evaluate Darwin’s Athletes from an original perspective, with particular emphasis on the author’s astuteness with which the causal relationship between commitment to sports and declining academic records is analyzed in a both-directional way.
 
Key words: race, sport, America, John Hoberman, Darwin’s athletes, African-American, black, athleticism, representation, Hollywood, movie, NBA, One and Done 

研究活動紹介
研究活動紹介
wrigings 執筆
Adacemi Journ Article 論文
coauhtor 共著
academic journal article 論文
academic journal article 論文
academic journal article 論文
academic journal article 論文
academic journal article 論文
academic journal article 論文
academic journal article 論文
book 著書
Essay 随筆
佐賀新聞にロンドン五輪に関する「識者評論」が掲載されました
academic journal aritcle 論文
symposiums and conferences シンポジウム・学会
Presentation 発表
Participation 参加
Presentation 発表
Presentation 発表
Presentation 発表
Presentation 発表
Participation 参加
Presentation 発表
participation 参加
Presentation 発表
Presentation 発表
Moderator 司会
Moderator 司会
Presentation 発表
Presentation 発表
Presentation 発表
Presentation 発表
Presentation 発表
Presentation 発表
leading moderator 総合司会
presentation 発表
Presentation 発表
Presentation 発表
Presentation 発表
Presentation 発表
Moderator 司会
Presentation 発表
lectures 講演
Guest Lecture 招待授業
Special Lecture 特別講演
Guest Lecture 招待講演
Guest Lecture 招待講演
guest lecture 招待授業
guest lecture 招待授業
research visits 調査
Visit as a Visiting Scholar 客員研究員としての招聘
Research at archives アーカイブスでの資料講読
Reading at archives, interviews with scholars アーカイブズでの資料講読、研究者との情報交換
research at arichives アーカイブズでの資料講読
research at archives, interviews with scholars アーカイブズでの資料講読、研究者との情報交換
Research at Archives at the University of California, Berkeley
Research Preparation 調査のための準備訪問
Research Preparation 調査のための準備訪問
visits for exchange and/or inspection 視察・訪問
visit for partnership 海外視察
visit to partner institution 協定校訪問
visit for partnership 海外視察
visit to partner institution 協定校訪問
visit to partner institution 協定校訪問
visit to partner institution 協定校訪問
Visit to National Chengchi University, Taiwan 台湾 国立政治大学
visit to National Taipei University, Taiwan 台湾 国立台北大学
visit to National Normal University, Taiwan 台湾 国立師範大学
Visit to Partner Institution 協定校訪問
Visit to Partner Institution 協定校訪問
PR 広報
PR Activities in Musashi 学内広報誌
Newspaper 新聞
Website ウェブサイト
Mass Media マスコミ掲載
Newspaper Review Article 新聞書評
Interview インタビュー
Guest in a Radio Program ラジオ出演
Guest in a TV program テレビ出演
Appearance in a mass media journal 雑誌掲載
Interview on Newspaper インタビュー記事
原麻里子氏の『人種とスポーツ』書評
橋本大也氏の『人種とスポーツ』書評
玉木正之氏ブログでの言及
阿部珠樹氏による書評
東京新聞に『人種とスポーツ』の書評が掲載
ウェブマガジンン『風』で紹介
『週刊東洋経済』に短評が掲載されました
日経新聞(夕刊)に短評が掲載されました
NHK「視点・論点」に出演しました
北海道新聞(7月8日)「訪問」で紹介されました
日経新聞7月8日朝刊に書評がでました
読売新聞7月16日(月)「記者の一冊」で紹介されました
Yomiuri Onlineで紹介されました
図書新聞に書評が掲載されました
読売新聞(7月23日夕刊)で紹介されました
福井新聞オンラインで紹介されました
エキサイトレビューで紹介されました
月刊トレーニングジャーナル2012年12月10日号で紹介されました
麻酔科情報誌で紹介されました
Courses at Musashi 授業
Lecture at Musashi University 2011 Introduction to American Society 武蔵大学2011年度講義 英米の社会
Seminar in American history at Musashi University 2011 武蔵大学2011年度授業 アメリカ史演習

ページトップへ
http://researchers.waseda.jp/profile/ja.5c187cb14932dacbbcd5aeb6bfca02d9.html