Home » ブログ

ブログ

  • スロベニア到着

    2012-10-18 07:05
    ベニスから電車で国境の街トリエステを経由、タクシーで学会開催地スロベニアのコペルへ。観光ガイドでは「風光明媚」が売りとされる東欧の小国スロベニア、その国を代表する港町コペル。どんなところかと期待したが、あいにく到着したときは遅い時間だったので何も見えず、一夜明けて美しい景観を拝むことができた。
     地理的にいうと、スロベニアといえば、旧ユーゴスラビア連邦の最北端あるいは最西端を占める共和国。ユーゴスラビアはオウムのかたちをしているといわれたが、そのオウムの脳みその部分に位置するといえばわかりやすいだろうか。
     イタリアに隣接しているということは、西欧に隣接しているということであり、資本主義的市場経済の点でいうと、東欧と西欧を結ぶ窓口にあたる。経済的には旧ユーゴの中で最も安定、発展しているというのが土地っ子の自慢。なるほど、最近大規模なショッピングモールがコペルのダウンタン地区にできて、何でも手に入るという印象。朝8時に開店、ウィークデイにもかかわらず買い物客もかなり見られた。使い切ってしまったので、歯磨きチューブを買う。1ユーロ95セント。まあ安い。ダウンタウンの中心部でビール、ワインを2ユーロ以下で飲める。ナイトライフが気軽に楽しめるのがいい。
     小国として大国間の政治的圧力に翻弄された歴史。冷戦の爪痕とでもいうべきか、市民の意識に深い傷として残っているようだ。昨年の学会で仲良くなり、再会したアンドレイ、イタリア国境の街トリエステを「あれは、ほんとはスロベニアのものだ」と、お酒の席でぽつりと語った。トリエステの歴史は複雑だが、トリエステとその近郊に住む庶民の多数派がスロベニア人だったのは確かなようだ。コペルという街の名称にもイタリア名カポディストリア(Capodistria--アンドレイにはすまないが、イタリア語名のほうがかっこいい)があり、ところどころ両方が表示されている。スロベニア国内であえてイタリア語名も示しているのは、イタリアに対する配慮というよりは、かなりいるイタリア語を母語とする人々への思いやりか?ウィキ検索でも英語だとコペル、イタリア語に切り替えるとカポディトリアになる。
     社会主義時代の名残だろう。公共交通機関は安い。トリエステまでの高速バスたったの3ユーロ。「教育、医療はもちろんすべて無料さ」と、先のアンドレイ君胸を張る。教育費の高騰に苦しむ日本人としてはうらやましいかぎり。しかし税金も高く、大学教員としてもらう給与の「50%以上は国にもってかれる・・・」とアンドレイ君、こんどは肩を落とす。
     円が強い、経済大国というイメージがすっかり固まった日本からの珍客、というのが私の評価。バークリーの客員研究員というと目の色をかえてコネクションを求めてくる。バークリーの威光は東欧にも十分届いているようだ。おそらく、学会活動への知的貢献以上に、経済的な貢献こそ求められていたのかもしれない。しかしサバティカルの現在ならともかく、来年から参加できるか見通しは全くたたず、科研費も今年度で終わり、次の申請が認められるかもわからない今、大風呂敷を広げるわけにもいかない。
     最大の収穫は、日本ではなかなかお目にかかれないような個性豊かな研究者との出会いか?次回、その一端を紹介しよう。 

ブログ
ブログ
Calendar
<< 2012年 10月 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ページトップへ
http://researchers.waseda.jp/profile/ja.5c187cb14932dacbbcd5aeb6bfca02d9.html